『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』のイ・ミンギョンによる新刊『失われた賃金を求めて』

CULTURE

失われた賃金を求めて

著 イ・ミンギョン
訳  小山内園子・すんみ
出版社 タバブックス

予価 本体1700 円+税
四六版変型・並製・216ページ
ISBN 978-4-907053-47-5
2021年2月中旬発売予定
装丁:沼本明希子(direction Q)

http://tababooks.com/books/ushinawaretachingin

『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』で日本にも鮮烈な印象を与えたイ・ミンギョン、次は男女の賃金格差に斬り込んだ!
男女賃金格差がOECD加盟国中「不動のワースト1位」の韓国の社会事情は、「不動のワースト2位」の日本でも共感必至。賃金差別は存在する!
解説:西口想「日本で、女性がもっと受け取れるはずだった賃金の金額を求めよ」

http://tababooks.com/books/ushinawaretachingin
タイトルとURLをコピーしました