全国女性シェルターネット「性的 DV・パートナーからの性暴力についての声明」

NEWS

※性暴力の描写を含みます。フラッシュバックの危険がございますのでご留意ください。

NPO法人「全国女性シェルターネット」より「性的 DV・パートナーからの性暴力についての声明」についての声明が出されました。

声明では下記の3つの提言をしています。

1.国や地方自治体は、性的 DV の深刻さに目を向け、次の施策を実施してください。

  • ・DV 防止法の保護命令の対象に精神的 DV と性的な DV を含めて下さい。
  • ・精神的 DV や性的 DV の被害をうけた人に対し一時保護を含む積極的な支援を行ってください。
  • ・精神的・性的 DV によって心が壊されるという影響の深刻さを理解し、DV 被害者の回復支援を本格的に実施して下さい。

2.パートナー間の性暴力を扱う性犯罪を創設してください。
現行刑法の性犯罪が規定する「暴行脅迫」要件では、継続的な支配関係の下でのパートナー間の性暴力を性犯罪として捉えることは困難です。配偶者・パートナー間の性的 DV の特質をふまえた犯罪類型を作るか、不同意の性的行為全体を禁止した上で、配偶者・パートナー間の性的 DV の場合はより重い刑として下さい。

3.性的 DV の実態をふまえ、母体保護法に基づく人工妊娠中絶の際の配偶者の同意のサインの要件を撤廃して下さい。また、婚姻していない関係においては中絶についての相手の男性の同意が不要との方針を周知し、徹底して下さい。

また、声明内では同団体がDV被害者の支援をする中で調査した、性的DVの生々しい実態が伝えられています。

▼NPO法人「全国女性シェルターネット」
https://nwsnet.or.jp/ja/

タイトルとURLをコピーしました