東京・新代田にフェミニズム専門書店「エトセトラブックスBOOK SHOP」がオープン

CULTURE

フェミニズムにまつわる様々な本を出版しているエトセトラブックスさんは、1月14日(木)、東京・新代田にフェミニズム専門書店「エトセトラブックス BOOKSHOP」をオープンした。

エトセトラブックスは、河出書房新社で様々なフェミニズム本を手掛けた編集者の松尾亜紀子さんが立ち上げた出版社。まだ伝えられていない様々な女性の声を届けたいという願いから、「etc.」を由来とした名前がついたのだそう。

新型コロナウイルスの影響が広がる中、女性たちが安心して集まれる場所がほしいということで、かつてから考えていた書店のオープンに対する思いは加速したという。

選書は下北沢の書店『B&B』の書店員である寺島さやかさん。松尾さんは寺島さんの作る本棚が大好きで、ラブコールを送った。

書店では、本を買いに来たお客さんが声をかけてくれることも多いのだそう。
「ここにいる人とは、本音でフェミニズムのことを話すことができる」ということは、多くの女性に安心をもたらすのだろう。

エトセトラブックス BOOKSHOP
住所:東京都世田谷区代田4-10−18 ダイタビル1F
(京王井の頭線・新代田駅徒歩1分、下北沢駅徒歩10分/小田急線・世田谷代田駅徒歩8分)
OPEN:木・金・土 /12-20時(週に3日のみ営業)
新型コロナウイルスの影響で変更の場合もあり。

エトセトラブックス
https://etcbooks.co.jp

書店公式インスタアカウント
@etc.books_bookshop

タイトルとURLをコピーしました