丸川珠代男女共同参画担当相、地方議員へ選択的夫婦別姓の阻止要請

NEWS

丸川珠代五輪担当相が自民党の保守系国会議員有志とともに、選択的夫婦別姓の実現を求める意見書採択を阻止するよう文書で地方議員に呼び掛けたことがわかった。

ジェンダー平等は五輪の理念の一つで、丸川氏は男女共同参画担当相も務める。                                

なお、丸川氏は現在も旧姓を使用して活動しており、矛盾を指摘する声も相次いでいる。

3月3日の国会、参議院予算委員会では、社民党の福島瑞穂党首が「なぜ反対なのか」と追及したが、丸川担当相は答弁拒否を繰り返した。

「旧姓」使用聞かれ「丸川は通称名」 “夫婦別姓”反対? 野党追及
タイトルとURLをコピーしました