札幌地裁 同性婚訴訟 初の違憲判決へ

「同性同士の結婚が認められないのは憲法に反している」とし、北海道の同性カップル3組が国に対して損害賠償を求める訴訟を起こしました。

原告側の「憲法13条、14条、24条に違反している」との訴えに対し、3月17日、札幌地裁の判決は13条、24条の違反は認めないものの、「法の下の平等を定めた憲法14条に違反する」と認定しました。
賠償請求は棄却されたものの、違憲判決を勝ち取ったことは実質的勝訴だと言われています。

争点となった憲法14条と憲法24条

判決の要旨は、「性的指向」は自分の意志で選択・変更できないものであることを認め、法律婚がもたらす利益を享受できるカップルとそうでないカップルが存在することに合理的な根拠がなく、「法の下の平等」を制定した憲法14条に違反するというものです。

一方、婚姻について定める憲法24条については、第二次世界大戦後の同性婚を想定しない時代に作られたため、同性婚を認める法律を作らなかったこととに違法性はないが、条文は異性婚について定めたものであり、同性婚を禁止するものではない、とされました。

右派による憲法24条改正への動き

憲法24条が「異性婚についてのみ」を定めたものであり、「同性婚を禁止する内容でない」とする札幌地裁の判決を受け、憲法24条を変えようという右派の動きが活発になると予想されます。
24条に関する自民党の改憲草案によると、「個人」ではなく「家族」を最小単位と考え、伝統的とされる家族感や、個人を家族へ、家族を国家へと、封建的なあり方へ回帰させる意向が見受けられます。

自民党改憲草案についての詳細はこちらをご覧ください。

▼24条替えさせないキャンペーン
24条変えさせないキャンペーン
The Campaign to Oppose LDP and Rightist Revision of Article 24
タイトルとURLをコピーしました