2021年ジェンダーギャップ指数、日本は120位

NEWS

世界経済フォーラム(WEF)が2021年の「ジェンダーギャップ指数」を3月31日に発表しました。日本は156ヶ国中120位でした。
ジェンダーギャップ指数は、経済・教育、医療、政治の4分野のデータをもとに算出されます。日本は経済と政治の分野でのスコアが低く、特に他国がクォータ制導入などの具体的な女性の政治進出施策を進める中、日本は政治に女性を活躍させない状況が順位に響いていると考えられます。

タイトルとURLをコピーしました